夢のキャンピングカー生活を実現したい人は必見!キャンピングカーの雑学を紹介します

当サイトでは車内で寝泊まりできるという便利で夢のあるカー生活を実現したい人必見の、キャンピングカーの雑学を紹介しています。
大きな荷物を積めるのがこのようなタイプの車の魅力です。
様々なレジャーに活躍してくれることでしょう。
RVパークを利用すれば、寝泊まり設備がある車で車内泊ができます。
全国の魅力的な地域に気軽に出かけられるようになるかもしれません。
行動範囲が広がり、人生をより楽しめる夢のような車です。

夢のキャンピングカー生活を実現したい人は必見!キャンピングカーの雑学を紹介します

キャンピングカーについてより詳しくなりたいという人は多いのではないでしょうか。
そのような場合に知っておきたい雑学としては、キャンピングカーのトイレに関するものがあります。
キャンピングカーではポータブル式とカセット式、ブラックタンクの3種類のトイレがあります。
汚物の処理はそれほど難しくはありませんが、自宅やキャンプ場などの専用の汚水処理施設でおこなうことが必要です。
一般の道の駅やサービスエリアのトイレは使用しません。

キャンピングカーはワンルームマンションのような空間が広がっている

ソファやデスク、システムキッチンやトイレ、ベッドルームまでを備えたキャンピングカーが登場しており、まるでワンルームマンションのような空間でくつろげます。
いずれも快適性を重視したキャンピングカーに見られるもので、特にバンをベースにした通称バンコン、トラックの架台を利用した通称キャブコンやトラキャン、マイクロバスをベースにしたバスコンなど700万円以上するキャンピングカーに見られるもので、価格が高くなるほど内装が充実していきます。
アウトドアでありながらも自宅にいるかのような雰囲気を楽しめるのが魅力になっており、小旅行にも使用できる用途の広さが人気を集めています。
抜群の快適性を誇りますが、その一方で車体サイズが大きいことから取り扱いに自身のある方向けの車種と言えるでしょう。
まるでワンルームマンションのイルカのようなくつろぎ空間を目指しているなら、充実した内装を備えたキャンピングカーはいかがでしょうか。
みんなで楽しい時間を過ごせますよ。

軽自動車ベースのキャンピングカーは低コストなので人気

気軽にアウトドアを楽しめるキャンピングカーが人気を集めています。
日本RV協会によると2020年度の’保有台数が12万7400台に達するなど、人気の高さが伺えます。
中でも低コストな軽自動車ベースのキャンピングカーが注目を集めており、初めて購入する世帯に魅力的な存在となっています。
選ばれる理由は、やはり価格の安さにあります。
通称軽キャンパーと呼ばれている車種は、道路の狭い日本でも取り回しの良さと扱いやすさが評価されていて、高いものでも約200万円ほどあれば購入でできます。
この手頃さからセカンドカーに加えて、一人キャンプや夫婦世帯のキャンプに活用されています。
軽自動車ベースのキャンピングカーのデメリットとしては、室内空間が狭いため多くに荷物を積むには向いていない、設備が少ないなどがあります。
ただし狭い道で余裕を持ってすれ違える、燃費性能が高いのがメリットになっており、手軽にアウトドアを楽しみたい方にとって有力な選択肢といえるでしょう。

キャンピングカーをシェアリングするサービスもある

アウトドアが好きな方はキャンピングカーを購入したり、借りたりして楽しむ方も多いです。
キャンピングカーの内装を見るとそこで生活ができるようになっているので、購入すると高額になります。
最近では自動車を共同で車を使うことができるサービスが出てきてるのです。
同じようにキャンピングカーのカーシェアリングのサービスを行っているところも多いです。
キャンピングカーをカーシェアリングのメリットとしては、24時間好きな時に借りることができ、返却することができます。
利用するには会員登録が必要で、事前予約をすることです。
出発時する時にはカードをかざすことで開錠することができるようになります。
現在はお持ちのスマホを使って解除できるアプリもあるので利用してみるといいです。
夜間借りる方は車内のライトのスイッチを確認しておく必要があります。
車種によって場所が異なりますので、それをしないと車内は真暗な状態になってしまうのです。
車のキーを元の位置に戻して置き、返却場所に戻して置くことになります。
返却する時には、ガソリンを半分くらい入れて返却することが大事です。

キャンピングカーがあると大型のペットを乗せて移動できる

キャンピングカーは移動の道具と宿泊場所、両方の機能を果たしてくれます。
キャンプや車内泊の流行によって、購入を検討している人も多いでしょう。
メリットの多い乗り物なのですが、大型のペットを乗せて移動できる点が大きな魅力です。
ゴールデンレトリバーやグレートデンなど、時には40kg以上になる犬と一緒に移動するのは大変です。
小型犬はクレートに入れて持ち運ぶことが可能です。
バスや電車、船などの公共交通機関に乗せることも容易で、国内の移動であればオーナーも心配していないはずです。
しかし大型犬になるとクレートに入れても、持ち運ぶことが難しいです。
無理に運ぼうとしたらぎっくり腰になるかもしれません。
自家用車に乗せることにしても、体が大きすぎてかわいそうな状態になります。
人と一緒にくつろぐことが難しいですから、もう少し大きな車に乗せてあげたくなるでしょう。
そこで便利なのがキャンピングカーです。
普通の自動車と違い、座席レイアウトの自由度が高いです。
自宅のようにくつろいだ状態が移動できます。

キャンピングカーに関する情報サイト
生活を彩るキャンピングカー

当サイトでは車内で寝泊まりできるという便利で夢のあるカー生活を実現したい人必見の、キャンピングカーの雑学を紹介しています。大きな荷物を積めるのがこのようなタイプの車の魅力です。様々なレジャーに活躍してくれることでしょう。RVパークを利用すれば、寝泊まり設備がある車で車内泊ができます。全国の魅力的な地域に気軽に出かけられるようになるかもしれません。行動範囲が広がり、人生をより楽しめる夢のような車です。

Search